<< 夏期企画展「三方五湖のウナギとシジミの歴史展」(190721まで) | main | 令和元年5月〜7月の出来事(その1) >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.07.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    若狭町歴史文化館第33回企画展 戦国若狭「光秀がくる」(190721から)

    0
      みたびKです。展示つながりですが、7月21日(日)より若狭町歴史文化館でスタートする企画展の情報です。



      【若狭町歴史文化館第33回企画展】 戦国若狭「光秀がくる」

      会 期 2019年7月21日(日)〜9月30日(月)

      会 場 若狭町歴史文化館 特別展示室

      内 容 戦国時代の若狭と明智光秀の関係について、古文書などで紹介します。



      【関連企画】 第2回若狭町歴史環境講座

      テーマ 「細川幽斎と明智光秀と熊川(仮)」

      講 師 稲葉 継陽 氏(熊本大学教授)

      日 時 2019年9月29日(日) 13時30分〜

      会 場 若狭町歴史文化館 講堂(入場無料)



      明智光秀は、どちらかというと「謀叛人」「主殺し」「三日天下」といったマイナスのイメージがあり、これまでのドラマや小説では織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった著名人の下の扱いだったのですが、時代の本流にのった秀吉や家康によって、光秀の足跡が消されたり、歪められている可能性があります。光秀にまつわる記録自体が少ないのにもそういった事情があるかもしれません。



      展示準備は、当課のO補佐によって着々と進められており、Kもお手伝いをしておりますが、信長や家康とともに若狭(熊川)を確実に訪れている記録や、光秀の書状も展示で紹介いたします。



      7月21日は、「三方五湖のウナギとシジミの歴史展」最終日、第1回若狭町歴史環境講座「古い年代を酸素で調べる新しい方法」(13時30分〜)も開催日なので、ぜひ(有権者の方は)参議院選挙の投票を終えてから(←ココが大事!)あわせてご来場くださるようお願いいたします。

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.07.14 Sunday
        • -
        • 11:11
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << March 2020 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM