<< 若狭三方縄文博物館友の会DOKIDOKI会県外研修(190306) | main | 十善の森古墳の玉類の帰還(190314) >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.07.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ふじのくに地球環境史ミュージアムボランティアの会ご一行様(190307)

    0
      みたびKです。DOKIDOKI会は、当館に関わるボランティア的な活動をして下さる団体ですが、他館にも同様の団体を組織しているところが多くあります。



      静岡県立の博物館であるふじのくに地球環境史ミュージアムもその一つです。ボランティアの会は登録数が約100名おられ、3月7日には43名の方々が当館にご来館されました。年縞博物館と「はしご」してくださる、ありがたい、ありがたいお客さまです。



      随行された、ふじのくに地球環境史ミュージアムのY教授は、環境史学、自然地理学がご専門で、水月湖年縞の研究チームのお一人でもあります。以前、DOKIDOKI会がミュージアムにお邪魔した際も、楽しい解説で喜ばせてくださいました。今回は、Kがお迎えする番です。



      2回に分けて、二つのグループを案内させていただきましたが(半分は年縞博物館を見学し、入れ替え)、みなさんは流石に興味関心が高く、いろいろとお話もさせていただきました。両館合わせて2時間ではもの足りないぐらいの盛り上がりでしたが、遠方からのご来館だったので、長時間のバス移動で大変だったと思います(特に事務局)。



      ふじのくに地球環境史ミュージアムもすばらしい博物館ですので、再訪したいと考えています。このブログ読者のみなさまもぜひご来訪を!

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.07.14 Sunday
        • -
        • 17:28
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM