<< 年縞講演会&年縞博物館見学会(180324) | main | 若狭三方縄文博物館の人員配置(その2) >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.07.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    若狭三方縄文博物館の人員配置(その1)

    0
      おはようございます。KSMILYです。

      本来ならば本記事は27日火曜日にアップするべきでしたが、遅くなってしまいましたショック。同日付けで若狭町定期人事異動が発表されました。

      当館は、若狭町歴史文化課の出先機関ですが、4月1日から、「若狭町歴史文化課」そのものと一体化します。ブログ読者の皆様には???しょんぼりかもしれませんが、少々解説を。

      若狭町歴史文化課は、上中庁舎にあり、文化財保護と若狭町歴史文化館(展示室・講堂・会議室などの総体)を管理しています。職員は5名です。一方、若狭三方縄文博物館は当館に関わる業務と文化財保護、三方五湖の自然環境・景観関連業務を所管し、職員は6名です。

      4月1日から、この部署が縄文博物館に一体化されます。つまり、職員は全員当館勤務となり、歴史文化館は別団体が管理することになります(この件はおいおい…)。

      一昨日は休館日でしたので、詳しい職員配置をKが知ったのは昨日だったのですが、人数だけは27日に伝わっていました。「11名マイナス3名の8名」とのこと。むむ???びっくり

      ということで、ひとまず開館準備にかかります。つづきはその2にて。

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.07.14 Sunday
        • -
        • 08:27
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM