スポンサーサイト

0
    • 2019.07.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    若狭町歴史環境講座「古い年代を酸素で調べる新しい方法」(190721予告)

    0
      こんにちは。Kです。



      じつに2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。読者の皆さま、お変わりありませんでしたか?Kは相変わらず充実の勤務状況でございますが、本日は集中ブログ更新日といたしますので、近々のお知らせや最近の出来事などをつづっていきます。



      さて、令和元年度最初の若狭町歴史環境講座のお知らせです。

      【第1回若狭町歴史環境講座】

      講演会 「古い年代を酸素で調べる新しい方法」

      日 時 2019年7月21日(日) 13時30分〜15時

      会 場 若狭三方縄文博物館 シアター(福井県三方上中郡若狭町鳥浜122ー12ー1)

      講 師 箱崎 真隆 氏(国立歴史民俗博物館 研究員)

      入場無料



      昨年11月、日本植生史学会大会が滋賀県立琵琶湖博物館で開催され、シンポジウムで講師の箱崎さんとKはご一緒させていただきました。エクスカージョンで若狭町の埋没スギ出土地点を回った際も、箱崎さんはカメラマンとして当地の写真撮影をして下さいました。



      箱崎さんのご専門は多岐に渡りますが、本講座に関わるテーマとしては、「年輪幅および酸素同位体比の長期標準年輪曲線の確立を目指す研究」があります。



      伐採された時期がわかっている木の年輪の幅の変動から、年輪年代測定の標準をつくり、それを用いて、列島各地から出土した木材の年代を決定する方法は従来から行われています。本講座での「酸素で調べる新しい方法」とは、この年輪幅の研究に加えて、年輪部材に含まれる酸素を取り出し、その同位体比を年輪ごとに調べて変動を知り、酸素同位体比の標準をつくっていくというものです。



      このためには、多くの試料とデータが必要で、箱崎さんらも多くのデータを集めておられますが、若狭町東黒田の埋没スギから採取したデータについてもお話いただく予定です。縄文時代後期(約4000年前)の埋没スギから何がわかるのか、楽しみです。



      また、箱崎さんは同じ方法で福井県坂井市の丸岡城の柱材の年代測定もされ、最近その結果が公表されましたが、ご講演ではその点もお話いただけると思います。



      水月湖年縞の年代にも通じる方法ですので、ご関心のある方はぜひご参加ください!




      【9月30日】第3回若狭町歴史環境講座「シンポジウム三方五湖の古環境と古代人のくらしを考える」

      0
        本日何度目かのKです。ここしばらく、来客・行事対応と事務作業が交互にあってなかなか落ち着いて計画を進められないのですが、カレンダーは自動的に前に進んでおります…。ブログを通して未来の情報も発信しなければなりません。



        と、いうことで、未来の情報です。

        ●第3回若狭町歴史環境講座 「シンポジウム 三方五湖の古環境と古代人のくらしを考える」

        開催日時:平成30年9月30日(土) 13:30〜16:00

        開催場所:若狭三方縄文博物館(福井県若狭町鳥浜122ー12ー1)

        講  師:中川 毅 氏 基調講演 「地質学と環境考古学のコラボレーション」

        北川淳子氏 報告1 「三方五湖エリアの弥生時代の古環境復元」

        小島秀彰氏 報告1 「三方五湖エリアの弥生時代の考古学的情報」

        講師3名による鼎談

        同時開催 若狭三方縄文博物館秋季企画展「三方五湖と共にくらした弥生時代」(9月15日〜11月4日)
        主  催:若狭町・若狭町歴史環境講座企画運営委員会



        上記のお問い合わせは、当館(0770ー45ー2270)までお願いいたします。

        【8月19日】第2回若狭町歴史環境講座(古墳文化分野)

        0
          たびたびKです。本日は久々の更新ですので、時間をさかのぼって話題を紹介します。



          8月19日の第2回歴史環境講座では、奈良文化財研究所主任研究員の林正憲さんをお迎えして、バスで巡る古墳現地見学会を行いました。当日は、猛暑ではなく、風のある比較的さわやかな気候で大変助かりました。



          バスのルートは、十善の森古墳(6世紀・福井県史跡)→丸山塚古墳(6世紀・若狭町史跡)→下船塚古墳(6世紀・国史跡 同上船塚古墳も見上げる)→白鬚神社古墳(6世紀・小浜市史跡)→向山1号墳(5世紀・車中から見上げる)→城山古墳(5世紀・若狭町史跡・車中から見上げる)→大谷古墳(6世紀・車中から見上げる)→脇袋古墳群(5世紀・国史跡)でした。



          講師の林さんには、初心者にもわかりやすく、「古墳の見方と活かし方」をご教授いただきました。例えば、「あの世とこの世の概念のスタートが古墳の横穴式石室」、「古墳の盗掘目的は、お宝目当てと石材目当て」、「古墳は残そうと思わなければ残せない」、「個々の古墳のイメージと、古墳群をつなぐ全体的なストーリーが肝心」といった話題を実にていねいに説明していただきました。いくつか、Kが説明をするときにも参考にさせていただくつもりです。



          若狭町歴史文化館がバスの発着場所だったのですが、ここには出土遺物もずらりと展示されており、参加者は続けて説明をしてくださった林さんを取り囲んで資料を見学してから解散となりました。



          林さんには、午後も引き続き脇袋古墳群調査委員会にもご参加いただき、他の委員の方々と合わせて協議をさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。見学会の様子は、地元ケーブルテレビ2社で紹介される予定です。

          【8月19日開催】第2回若狭町歴史環境講座

          0
            こんにちは。Kです。昨日6日は、午前中からまとまった量の雨が降りました!じつはその間、Mさんと地元中学生たちが丸木舟乗船体験をしていたのですが、きちんと乗船をこなしてもどってきたので、たくましいな、と思いました。ちなみにその中学生たちは少し小雨になったときに、自転車で自宅まで帰りました。



            さて、みだしの告知ですが、詳細は下記のとおりです。

            【平成30年度 第2回若狭町歴史環境講座(古墳文化分野)】



            ○テーマ 古墳の見方と活かし方


            ○内 容 若狭町内の古墳の現地見学・説明会(バスで回ります)


            ○講 師 林 正憲 氏(奈良文化財研究所 主任研究員)


            ○日 時 平成30年8月19日(日) 9:00〜12:00(8:50集合・先着30名・要予約 0770ー45ー2270)


            ○会 場 若狭町内各所の古墳・若狭町歴史文化館(福井県三方上中郡若狭町市場20ー17)


            ○主 催 若狭町・若狭町歴史環境講座企画運営委員会



            講師の林さんは、奈良文化財研究所都城発掘調査部にお勤めで、弥生時代から古墳時代における青銅鏡の製作と流通を主な研究テーマとされています。文化庁 文化財部記念物課埋蔵文化財部門の文化財調査員のご経験もあり、全国各地の古墳について幅広い知識をお持ちです。若狭町の古墳現地では、古墳をみるポイントなどについてお話いただけると思います。



            まだ人数に余裕がありますので、上記までぜひお問い合わせください!

            【180722】若狭町歴史環境講座「縄文時代の土器・土偶」(その2)

            0
              こんにちは。Kです。先週の今日、22日の日曜日も暑い、いや熱い日でした。若狭町歴史環境講座のレポートの続きです。



              講演の冒頭、講師の井出浩正さん(東京国立博物館主任研究員)は、「最近、縄文がキテます」という趣旨の発言をされました。具体的な話題として、某女性向け雑誌「J」や「A」の取材を受けたこと、「縄文ー1万年の美の鼓動」に関連して、ラジオ番組で某有名男性アイドルと対談したことなどが紹介されました。ちなみにそのラジオ番組の放送は8月6日日曜日の深夜0時(正確には7日になりますか?)からだそうで、楽しみにしています。「500人の知の巨人」が出演したその番組で、井出さんも知の巨人に仲間入りしたわけです。



              今回の東博特別展は、17年前に開催された「土器の造形ー縄文の動・弥生の静ー」以来の久々の縄文時代をテーマにしたものだそうで、井出さんご自身の専門知識を発揮できる「またとない」機会。ご本人としては縄文時代が回ってくることは1回あるかどうか?とのことでしたので、かなり気合が入っているのでしょう。東京上野で9月2日まで開催後は、一部の資料がパリで移動展示されるので、井出さんもフランスへ同行されるそうです。



              講演は、特別展のテーマ6章 暮らしの美・美のうねり・美の競演・縄文美の最たるもの・祈りの美、祈りの形、新たにつむがれる美にそって、豊富な写真と見どころ解説を加えながら進みました。はじめて縄文に触れる方のために「縄文時代とは何ぞや」という趣旨の時代解説もあり、わかりやすく丁寧にお話いただきました。



              実は前日に若狭町入りされた井出さんから、展示にまつわるいろいろな裏話もお聞きしておりましたの、Kにとっては2倍楽しい講演会でした(役得、という言葉がこれほど際立つケースはありませんが…)。講演終了後も、丁寧に質問者に対応されているお姿が印象的でした。



              ご足労いただいたお礼に、最大限の掩護射撃をさせていただきますが、東京国立博物館特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」は9月2日まで開催中です。7月31日からは国宝土偶2点(縄文のビーナス・仮面のビーナス)が加わり、全展示資料が揃うとのことですので、ぜひご観覧ください。




              【180722】若狭町歴史環境講座「縄文時代の土器・土偶」(その1)

              0
                たびたびKです。先日当館で開催された第1回若狭町歴史環境講座のレポートです。



                本講座は、7月3日〜9月2日を会期として東京国立博物館で開催される特別展「縄文ー1万年の美の鼓動ー」と連動した企画でした。若狭町鳥浜貝塚出土の「赤彩鉢形土器」(当館ではベンガラ塗土器と表記)も展示中ですので、ぜひ上野の会場にも足を運んでいただきたいと思います。



                さて、当日の講座会場(当館シアター)は満員御礼でした。エアコンが効かなくなってしまい、急遽扇風機を増設しての会場だったので大変申し訳なかったのですが、講師の井出浩正さんのお声は高く響き渡っておりました。



                井出さんは、特別展示室の主任研究員として、「縄文」展の担当されましたので、生の土器資料に触れておられます。パワーポイントを利用したわかりやすいお話でしたし、会場の皆さんからも大きな反響がありました。つづきはその2にて。

                【7月22日開催】「縄文時代の土器・土偶」(若狭町歴史環境講座)

                0
                  こんにちは。Kです。本日も融けそうな暑さの若狭です。昨日、福井県のほとんどの地点で今夏最高気温を記録し、若狭地方も37度になりました。体温より高い!!



                  さて、既に当館ホームページ等で告知していますが、若狭町歴史環境講座の詳細は下記のとおりです。
                  【平成30年度 第1回若狭町歴史環境講座(縄文文化分野)】

                  ○テーマ 縄文時代の土器・土偶

                  ○演 題 縄文造形の美の背景を考える

                  ○講 師 井出 浩正 氏(東京国立博物館 主任研究員)

                  ○日 時 平成30年7月22日(日) 13:30〜15:00 入場無料

                  ○会 場 若狭三方縄文博物館 シアター(福井県三方上中郡若狭町鳥浜122ー12ー1)

                  ○主 催 若狭町・若狭町歴史環境講座企画運営委員会



                  講師の井出さんは、東京国立博物館特別展室にお勤めで、特に縄文時代中期の社会組織と地域間交流の解明を主な研究テーマとされています。過去に若狭町(旧三方町)の発掘調査にも参加されており、鳥浜貝塚をはじめとする当地の土器についてもお話いただけると思います。



                  同時期(7月3日〜9月2日)、東京国立博物館では、特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」を開催しており、鳥浜貝塚出土資料も陳列される予定になっております。本講座はローカルな講座ではありますが、東博と連動した企画として、ご来場をお待ちしています。



                  本日(21日)、講師の井出さんが来町の予定です。井出さんが発掘調査に参加されていたのは、2003年ですので、縄文時代では赤ちゃんが成人するくらいの年月が経っています。竪穴住居の更新や、縄文土器の型式が変遷していくのは30年が一区切りとされることが多いようですが、その半分の時間にあたります。久々に昔話ができそうで楽しみです。

                  【7月22日開催】第1回若狭町歴史環境講座

                  0
                    こんにちは。Kです。どうやら、このブログの顔文字機能がなくなってしまったようで、味気ないブログがさらに味気なくなってしまい、大変恐縮です(ここで、残念そうな顔マークが入るといいのですが…)。



                    さて、みだしの告知ですが、詳細は下記のとおりです。
                    【平成30年度 第1回若狭町歴史環境講座(縄文文化分野)】

                    ○テーマ 縄文時代の土器・土偶

                    ○演 題 縄文造形の美の背景を考える

                    ○講 師 井出 浩正 氏(東京国立博物館 主任研究員)

                    ○日 時 平成30年7月22日(日) 13:30〜15:00

                    ○会 場 若狭三方縄文博物館 シアター(福井県三方上中郡若狭町鳥浜122ー12ー1)

                    ○主 催 若狭町・若狭町歴史環境講座企画運営委員会



                    講師の井出さんは、東京国立博物館特別展室にお勤めで、特に縄文時代中期の社会組織と地域間交流の解明を主な研究テーマとされています。過去に若狭町(旧三方町)の発掘調査にも参加されており、鳥浜貝塚をはじめとする当地の土器についてもお話いただけると思います。



                    同時期(7月3日〜9月2日)、東京国立博物館では、特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」を開催しており、鳥浜貝塚出土資料も陳列される予定になっております。本講座はローカルな講座ではありますが、東博と連動した企画として、ご来場をお待ちしています。


                    【11月12日終了】第6回若狭町歴史環境講座その2

                    0
                      たびたびKSMILYです。

                      第6回歴史環境講座レポートの続きです。講師の工藤さんがつけられたサブテーマは「鳥浜貝塚の再調査から見えてきた人と植物との関係史」でした。この「人と植物との」というところが大きなポイントです嬉しい

                      よく、「恐竜は考古学の分野だ」と考えておられる方がいらっしゃいますが、そうではなくて、「古生物学」の分野です。なぜかというと、考古学というのは、人間が関わっていることが前提の学問的分類なのです楽しい。もし、恐竜と人間が共存している時代があったなら、それは考古学でも扱うテーマになるかもしれませんが…楽しい

                      さて、それを念頭に置くと、(人間がつくった)遺跡から出てくる植物は、誰が研究するのか?という話になります。考古学者?それとも植物学者?答えは、その両方ですびっくり

                      考古学者は、人間が遺跡に持ち込んだり、食べ物として利用したり、道具の材料にしたりした植物という文脈で研究をすすめ、植物学者は、その植物(遺体…部分的になっていることがほとんど)がどんな種類で、そのような環境に生息し、どのような形態であるかといった文脈で研究を進めているのです。その2者の研究が交差したとき、とてもおもしろい成果が得られるのです。

                      鳥浜貝塚では、約12600年前(較正年代)のウルシノキの枝が出土しました。これは、人が持ち込んだものですが、加工してあるわけではないので、直接的な利用の痕跡がないものなので、どちらかと言えば植物学の研究者の領分でした。実際、鈴木三男さん・能城修一さんという植物の形態を専門に研究する方々のご尽力で、ウルシノキと特定されたのです。

                      一方、鳥浜貝塚で漆利用の痕跡が出てくるのは、約6500年前のことで、ウルシノキの登場から6000年ほどの時間差があります。周辺では、島根県夫手遺跡で、約6800年前の漆容器とされる土器が出土していますし、石川県三引遺跡では約7300年前の漆塗り櫛が出土していますので、やはりタイムラグがあるようです。

                      この点、研究者によって解釈がまちまちで、植物学と考古学の立場で必ずしも意見が一致しているわけではないのですが、工藤さんはきちんと諸説を整理された上で、ご自身の仮説も提示されていましたびっくり。ここで書いてしまうと、いろいろ差し障りもあると思うので詳しくはナイショ楽しいですが、ウルシ以外の外来植物という視点が新鮮でした。

                      工藤さんをお送りする帰りの車の中で、「漆のことを考古学の立場で研究していこう!という学生さんが出てこない」というやや深刻な話題になりました。漆という、考古学からも植物学からもアプローチできるおもしろいテーマに若い世代が積極的に飛び込んできてくれることを願っています嬉しい

                      【11月12日終了】第6回若狭町歴史環境講座その1

                      0
                        こんにちは。Kです。SMILY



                        昨日、第6回若狭町歴史環境講座「縄文時代の年代測定の最前線」が終了しました。講師は、国立歴史民俗博物館の工藤雄一郎准教授です嬉しい



                        過去に当ブログでもご紹介したことがありますが、工藤さんは、年代学をご専門とされており、特に日本列島の旧石器時代から縄文時代にかけての環境と人間の関わりの歴史などをテーマに研究を進めておられます。Kとの出会いは、平成14年〜15年にかけて旧三方町で実施した「縄文の丸木舟復元ー湖に浮かべよう!」に遡ります。当時、東京都立大学(現首都大学東京)におられた工藤さんは、滞在しながら毎日、石斧で木を伐採したり、丸木舟を掘ったりする作業に参加されていました。



                        国立歴史民俗博物館に移られる前から、縄文時代の漆を中心とする植物利用に関心を持っておられたので、鳥浜貝塚の資料とも接する機会をお持ちでした。今回は、そのご縁をKが頼って、講師としてご来町いただいた次第です楽しい



                        講演会では、年代学を縦軸に、クリ利用やウルシ利用を横軸に、立体的にお話を展開され、しかも縄文時代の植物利用を研究する意義や、鳥浜貝塚自体の意義などをわかりやすく紹介してくださり、聴衆は最後まで興味深くお話を傾聴しておりました。ご講演の時間が伸びてしまったのはご愛嬌楽しいですが、中途半端に切ることなく、しっかりとまとめて下さったのでKも大変勉強になりました。



                        質疑応答の時間を設けなかったため(←当初は予定していたのですが時間がなくなってしまったので…しょんぼり)、ご講演終了後に質問者の列ができてしまいました。この場を借りて、長時間のご対応にお礼申し上げます嬉しい



                        鳥浜貝塚の漆利用の謎にはいくつかポイントがあるのですが、それはその2にて。

                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << April 2020 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM