スポンサーサイト

0
    • 2019.07.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    TBSラジオ出演その4(190428)

    0
      よたびKです。ラジオレポートの最後です。

      ラジオ放送というのは、特に生放送の場合、あまり準備したことが役に立ちません。その場の雰囲気ややりとり、放送時間との兼ね合いから、いろいろな方向に勝手に走り出してしまうものだと思っています。今回の「若狭湾の日」も思っていたようにはしゃべることはできず、「あっ」という間に終わってしまいましたが、Kとしては楽しい一時でした。爆笑問題のお二人も、しっかりKの目を見て興味深く話を聞いてくださったのが、うれしかったです。

      全国ネットのラジオ放送で、若狭の食の歴史を紹介する機会など、もうないかもしれません。もし、爆笑問題のお二人が若狭を訪れるようなことがあり、「あ、そういえばあの時、冠をかぶった学芸員が古墳と食の話をしていたな」と思い出していただけたら本望です。それは、リスナーのみなさん(20〜40代の方が多いそうです)に対しても同じく思います。

      そういえば、FBC福井放送の坂本優太アナウンサーらスタッフが、当日のラジオ放送をテレビカメラで撮影し、レポートした番組を放送されるとのことです。爆笑問題のお二人にもインタビューするとのことで、夕方のラジオ番組終了まで
      待機されるとのことでした。その番組は福井放送で5月7日(火)に放送予定です。

      ちなみに、Kの持参した冠帽と木簡のレプリカは、若狭町歴史文化館サポーターの会のみなさんに進呈して、各種イベントで使っていただく予定です。

      TBSラジオ出演その3(190428)

      0
        みたびKです。KはTBS放送センターを訪れるのは初めてでしたが、東京メトロ赤坂駅を出てすぐのところにあり、とてもよいリッチ、ならぬ立地でした。まさに日本の放送文化の中心にふさわしい場所でした。ということで、ラジオレポートのその3です。



        Kが出張時に持参したものが3つあります。一つは、説明補足用の写真・イラストパネルで、ラジオだからもちろんリスナーには見えないのですが、出演者には必要なものなので10枚程度準備して適宜使いました。



        二つめは、木簡のレプリカです。若狭町田名遺跡から出土した9世紀後半のものです。木簡というのは、古代の荷札で、木の板に墨書で生産地や生産者、内容物、数量などが記載されています。若狭国発の木簡が、奈良の都から多数発掘されており、そのことが若狭と都をつなぐ証拠ともなっています。ちなみに爆笑問題のお二人は、奈良国立文化財研究所埋蔵文化財センターを某番組で訪問されており、木簡のレプリカを出すとすぐに反応してくださいました。



        さらに三つめは、金銅製冠帽のレプリカです。若狭町十善の森古墳から出土した6世紀初めのものです。実物は破片となっていますが、透かしのある金属板を折り曲げて烏帽子のような帽子と、王冠のような冠形に復元されています。表面には青いガラス玉が無数に配置され、魚の形をした小さな飾りが針金で耳のあたりに提げられています。



        Kはこの冠帽のレプリカを、ダンボール、折り紙(金・銀)、携帯電話をデコるためのプラスチックアクセサリーでつくり、カートに入れてTBS放送センターに持参しました。スタジオに入るときにかぶり、オンエア中はずっとその恰好で通しました。戸山アナウンサーが話題にしてくれましたので、そこから若狭の王→古墳→古墳時代の製塩→御食国と話をつなげていきました。続きはその4にて。

        TBSラジオ出演その2(190428)

        0
          ふたたびKです。昨日28日は、GW2日目ということで、さすがに新幹線や東京駅周辺も混み合っておりました。ということで、TBSラジオレポートその2です。



          各地から人やものが集まる場所というのは、にぎわいがあるものです。かつて、都と中国大陸・朝鮮半島をつなぐ重要な港であった若狭でも、古代はにぎわいがあり、さまざまな文化が行き交っていたと思われます。今回、アンバサダーIさんと、学芸員Kがラジオでお話したのはそのネタです。



          番組プレゼントとして、PRすべき福井県自慢のブランド米「いちほまれ」と「小鯛の笹漬け」は決まっていました。これらに合わせて試食いただくメニューは「鯖のなれずし」「サザエの煮付け」「小イカの煮付け」「葛もち」「シジミ汁」を用意しました。それを、お膳と小さなお皿に盛り付け、古代の都(天皇)に献上されたお食事のイメージで提供しました。



          爆笑問題のお二人は「殿様の食事みたいだね」「笹漬けはさっぱりしておいしいな」とおっしゃってくれました。戸山アナウンサーは、「古代だからコダイの笹漬けですか?」と言ってくださったのもよかったです。一つ目の話題は、若狭の食のことだったので、それをきっかけにして、都へもたらされた食材→天皇の食事当番→御食国(みけつくに)若狭と話をつなげていきました。



          ここまでは通常の若狭の食の紹介でしたが、さらに紹介したいポイントが2つありました。続きはその3にて。

          TBSラジオ出演その1(190428)

          0
            おはようございます。Kです。2010年代最後にして、平成最後のゴールデンウィークをいかがおすごしでしょうか。若狭三方縄文博物館は、無休で営業しておりますので、ぜひお立ち寄りください。合わせて、古墳出土資料を中心に展示している若狭町歴史文化館もどうぞ!



            さて、ひょんなことから、Kは昨日28日日曜日、連休の人出で混み合う花の都東京に出張してきました。このブログを書くために、日帰りですぐ帰ってきました(というのは事実と異なりますが・・・)。というわけで、TBSラジオ出演のレポートです。



            そもそも、なぜ若狭町から東京の全国放送局に出向くことになったかといいますと、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(毎週日曜午後1時から5時まで生放送)にて毎月最終日曜日に「若狭湾の日」というコーナーをいただいているからです。今年4月から番組のアンバサダーになった、若狭湾観光連盟事務局長のIさんとともに、若狭の人が番組プレゼントと合わせて地域のPRをするという内容です。



            Iさんは、ベテランなので若狭全体のことに精通しておられますが、今回は特に若狭町の食の歴史にスポットをあててPRしたいとのご相談をいただき、Kも準備を進めておりました。今回はテレビと違いラジオでしたが、写真パネルや小物を使って説明しようという計画です。あわせて、若狭の海の幸を中心に、スタジオで試食いただくメニューも考えておりました。続きはその2にて。

            脇袋古墳群調査委員会(180303)

            0
              こんにちは。KSMILYです。



              今日は朝から雨模様の若狭です。3月3日・4日が暖かく春めいていただけに、ギャップを感じますが、黄砂がきれいに洗い流されてくれるのならば…と期待するKです楽しい。今回は、その3月3日に開催された脇袋古墳群調査委員会の記事です。



              当若狭町は、縄文遺跡の多い三方地域と、古墳群が多い上中地域が合併して2005年に誕生しました。考古学ファンにとっては、垂涎の地域ですが(そうでもないかな?嬉しい)、上中地域の古墳群は、昭和10年(1935年)に国史跡に指定されている古墳が5基もありびっくり、古くから住民にとって古墳が身近な存在でした。



              中でも、国史跡 上ノ塚古墳・西塚古墳・中塚古墳の3基が所在し、谷全体が遺跡である脇袋区は特別な存在です。昨年夏に、花園大学考古学研究室によって、脇袋丸山塚古墳(帆立貝式古墳 5世紀中)が発掘調査され、さらに学術的な重要性が増したとも言えます嬉しい。その脇袋区を対象として、古墳をどのように調査・保存活用すべきか、というテーマで委員会を開催しました。



              脇袋区を含む瓜生地区では、毎年地元からの要望として、「古墳の整備」が若狭町に提出されています。今回の委員会は、この脇袋古墳群をモデルケースとして、古墳を今後どうしていくかについて専門家の意見を聞く実質的なスタートラインでした。委員会に先駆けて、航空レーザー測量の手法で作成した立体地図や模型も活用し、3時間に及ぶ会議の後、古墳現地の視察も行いました。改めて、若狭町の古墳保存について深く考える一日でしたしょんぼり

              古墳の測量杭設置

              0
                たびたびKSMILYです。



                一昨日、若狭町脇袋古墳群を測量するための杭設置場所の下見に参りました。脇袋古墳群には、国史跡上ノ塚古墳、西塚古墳、中塚古墳をはじめ、数基の首長級古墳が集中しています。今夏、脇袋丸山塚古墳(帆立貝式古墳・5世紀)が花園大学考古学研究室によって発掘調査されたところですが、比較的良好な状態で古墳が保存されている地区です嬉しい



                このたび測量杭を設置するのは、西塚古墳ですが、後円部はほぼ残るものの、前方部は大きく壊されていますショック。測量杭はかろうじて残ったその前方部に設置の予定です。



                考古学では、遺跡の測量は基本中の基本ですが、基準となる地図・図面上の点がないと、その後の図面の価値が下がってしまいます。航空測量と、衛星からの位置情報を組み合わせて、その点の座標をしっかりと確定しておけば、以後の調査にとって大変役立つのです。



                久しぶりに古墳の場所に立ってみると、若狭地方はまだ大きく景観が改変されていないな、と思います。おそらく脇袋古墳群が築かれた5世紀代は、人家はほとんどなく、周辺は原野に近かったと思いますが、今後も古墳とその景観を保存していく重要性を感じました嬉しい

                町内小学校へのレクチャーその2

                0
                  連続投稿中のKSMILYです。町内の小学校から当館を訪問していただき、その次に若狭町歴史文化館へと向かうご一行バスです。



                  Kは小学生達を乗せたバスの後ろに、公用車でくっつくようにして走っていきました。途中、鳥浜貝塚(縄文時代)→江跨遺跡(縄文時代)→田名遺跡(縄文〜平安時代)→曽根田遺跡(縄文〜鎌倉時代)→大谷古墳(古墳時代)などの脇をバスは通過していきました。この間、わずか20分です楽しい。ブログのその1で都会の小学校はどうしてるのかな?と書きましたが、ただバスに乗っているだけでも、これだけの遺跡を通ることができるのはすごいことです(毎度の手前味噌ですが…)。あまり開発頻度の高くない若狭町ですが、すでに遠い昔に都市開発が進められていた都会では、多くを調べられることなく失われた遺跡も多かったことでしょう…と、少し遠い目になったりしますしょんぼり



                  さて、若狭町歴史文化館は、若狭町役場上中庁舎に隣接している当館の姉妹館(入館無料)です。現在、第29回企画展 「若狭能倉座  ―能を継承する者たち―」を開催中です(会期:6月17日〜8月31日まで)。と、かる〜く宣伝をしてから…楽しい



                  歴史文化館は、古墳時代の展示をメインとしています。今回は古墳時代の学習に合わせる形で、古墳の形・意味・副葬品の種類や由来・意味などについて解説をさせていただきました。



                  歴史文化館の展示室内には、町内古墳の精巧な模型(上ノ塚古墳・城山古墳・向山1号墳の3点)があるのですが、このうち上ノ塚古墳の模型については、今回訪問してくれた小学校の玄関にも同じ大きさで違うバージョンのものが展示してあるのです。史跡古墳の近くにある小学校ですので、若狭町からお願いして置かせていただいているのです。生徒さんたちも、見覚えがあるので、すぐにわかったようです。



                  ちなみに歴史文化館内の展示物のほとんどが実物資料です楽しい。中には、実物より誇張した太刀や、実物よりも少し小ぶりにつくってある短甲などもあり、「古墳に副葬品を収める」という行為を説明するには絶好の資料です。朝鮮半島から同一の出土品も報告されている、玉類や馬具といった装飾品にも不足はありません。たっぷりと見学していただきました。



                  今回のレクチャーに要した時間は、移動時間も含めて約3時間でしたが、その時間を捻出してくださった小学校の先生方には感謝いたします。どうか、生徒さんたちの心に、故郷の歴史遺産の記憶が残りますようにと祈るKでした嬉しい

                  若狭町古墳マップ

                  0
                    たびたびKSMILYです。



                    現在、急ピッチで作成しているものがあります。



                    これは、若狭町古墳マップの改訂版です。この画像は校正用のもので完成品ではありませんが、雰囲気だけでも伝わるのでは、と嬉しい



                    来る9月11日日曜日、第2回若狭町歴史環境講座を開催いたします(紹介は館ホームページをご覧ください http://www.town.fukui-wakasa.lg.jp/jomon/)。脇袋古墳群の現地見学会も行いますので、その際にこの古墳マップをお配りする予定です。



                    近年、若狭地方では、小浜市の九花峰古墳・丸山城址古墳、若狭町の糠塚古墳、脇袋丸山塚古墳、藤井岡古墳などが発掘調査されています。また先月には藤井岡三昧古墳も測量調査され、新たな知見が多く得られています。



                    9月11日の歴史環境講座では、これらの発掘調査を担当された、花園大学の高橋克壽教授に「日本を代表する脇袋古墳群の重要性」との演題でお話しをいただきます。ぜひご参集下さい嬉しい

                    とある古墳の測量調査

                    0
                      おはようございます。KSMILYです。



                      本日も、午前中から土器作り体験がありますので、それまでに更新をしておきます嬉しい。時間は、8月9日火曜日にさかのぼります(最近、この言い回しが定着していますが楽しい)。



                      この日のKは、あちこち用事があり動き回っていたのですが、夕方、若狭町内のとある古墳に立ち寄りました。



                      竹やぶの中に土の盛り上がりがあります。これは円墳なのですが、何か作業をしている人たちがいます。



                      彼らは、花園大学文学部考古学研究室のみなさんです。8月3日からこの古墳の測量調査をしていました。



                      竹やぶなので、直射日光はそれほどではありませんが、やぶ蚊を防ぐための蚊取り線香の香りが漂っていました楽しい



                      彼らは、高橋克壽教授のもと、若狭の古墳群の測量調査や発掘調査、遺物整理作業などに精力的に取り組んでいます。昨年発行された『若狭 向山1号墳』発掘調査報告者は、彼らの尽力がなければ完成していなかったと言えるでしょう。



                      画面左側の盛り上がりが、古墳の墳丘です。



                      測量作業は10日でいったん終了していますが、来月の第2回若狭町歴史環境講座で、調査成果報告をしていただく予定です。講座の詳細なお知らせは、後日あらためて嬉しい

                      【3月21日】講演会 古代若狭の豪族膳臣の謎にせまる

                      0
                        こんにちは。KSMILYです。



                        ブログの更新が滞っているので、一部では「K死亡説」「K季節外れのインフルエンザ説」「K人事異動説」などが取りざたされて(いません)…。ご無沙汰しており、申し訳ございません。



                        先週の講演「小竹貝塚の世界」終了後も、年度末進行は止まらず、昨日、日本遺産シンポジウム(@若狭おばま食文化館)が終了してようやく一息ついたところですしょんぼり。人間は、同時にいくつもの作業ができない動物(まれに、できる人もいますが)なのでしょうね…。



                        さて、明日21日(祝)、若狭三方縄文博物館で講演会があります。



                        若狭町みかたの語り部 創立20周年記念講演会

                        古代若狭の豪族 膳臣の謎にせまる〜膳臣 一千五百年の時空越え〜

                        と き:平成28年3月21日(祝)13:30〜15:00

                        ところ:若狭三方縄文博物館 シアター(先着80名)

                        講 師:青木豊昭氏

                        主 催:若狭町みかたの語り部

                        後 援:若狭町

                        協 賛:(一財)三谷市民文化振興財団



                        講師の青木豊昭さんは、福井県埋蔵文化財調査センター長、同一乗谷朝倉氏遺跡資料館館長・特別顧問を歴任され、福井県内の考古遺跡、特に古墳に造詣の深い方です。若狭町にもゆかりの深い豪族・膳臣についてわかりやすくお話いただけるかと思います嬉しい



                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << July 2020 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM