「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡」シンポジウム

0
    たびたびKSMILYです。



    先週末、Kは直線距離で約500厠イ譴神臑羯圓泙嚢圓辰討たのですが飛行機、今週末も直線距離で約230厠イ譴神轍市まで行って参ります。

    若狭三方縄文博物館友の会DOKIDOKI会の研修です。バスの長旅ですが、そちらのリポートは来週アップの予定です(まだ行ってないですし…)。



    さて、仙台市地底の森ミュージアム・縄文の森広場の記念シンポジウムのレポートです。



    2月18日の講師3名の報告・鼎談が終了した後、19日の講師も含めて打ち合わせがありました。



    縄文の森広場の担当学芸員佐藤祐輔さんの事前調査で、鹿児島県(上野原遺跡)、長野県長和町(旧石器〜縄文時代の黒曜石遺跡群)、福島市(宮畑遺跡他)、山形県天童市(西沼田遺跡)、仙台市(富沢遺跡・山田上ノ台遺跡)、福井県若狭町(鳥浜貝塚他と水月湖年縞)といった各地の遺跡及びそれらを活用した施設の担当者が集まりました。



    今回、並み居る「強豪」を押しのけて、鳥浜貝塚に光を当てていただいたのは大変光栄なことでした嬉しい。遺跡そのものの特性だけでなく、個性的な保存・活用方法について注目していただいたことを有難く思います。



    講師打ち合わせ後は、地底の森ミュージアム・縄文の森広場両館のボランティアの方々も交えて、情報交換をさせていただきました。博物館における様々な取り組みだけでなく、皆さんのお人柄についても理解を深めた次第です。本当にありがとうございました。



    各博物館の事例報告については、Δ砲董

    「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡」シンポジウム

    0
      たびたびKSMILYです。



      先週末、Kは直線距離で約500厠イ譴神臑羯圓泙嚢圓辰討たのですが飛行機、今週末も直線距離で約230厠イ譴神轍市まで行って参ります。

      若狭三方縄文博物館友の会DOKIDOKI会の研修です。バスの長旅ですが、そちらのリポートは来週アップの予定です(まだ行ってないですし…)。



      さて、仙台市地底の森ミュージアム・縄文の森広場の記念シンポジウムのレポートです。



      2月18日の講師3名の報告・鼎談が終了した後、19日の講師も含めて打ち合わせがありました。



      縄文の森広場の担当学芸員佐藤祐輔さんの事前調査で、鹿児島県(上野原遺跡)、長野県長和町(旧石器〜縄文時代の黒曜石遺跡群)、福島市(宮畑遺跡他)、山形県天童市(西沼田遺跡)、仙台市(富沢遺跡・山田上ノ台遺跡)、福井県若狭町(鳥浜貝塚他と水月湖年縞)といった各地の遺跡及びそれらを活用した施設の担当者が集まりました。



      今回、並み居る「強豪」を押しのけて、鳥浜貝塚に光を当てていただいたのは大変光栄なことでした嬉しい。遺跡そのものの特性だけでなく、個性的な保存・活用方法について注目していただいたことを有難く思います。



      講師打ち合わせ後は、地底の森ミュージアム・縄文の森広場両館のボランティアの方々も交えて、情報交換をさせていただきました。博物館における様々な取り組みだけでなく、皆さんのお人柄についても理解を深めた次第です。本当にありがとうございました。



      各博物館の事例報告については、Δ砲董

      「年縞研究展示施設(仮称)」建設予定地

      0
        おはようございます。KSMILYです。



        今朝の若狭は晴天です。朝方「天気雪」がありましたが、風もなくおだやかな一日になるでしょう嬉しい



        ここは福井県が平成30年に完成を目指している「年縞研究展示施設(仮称)」の建設予定地。



        未だに名前から(仮称)が外れないのは、ひょっとすると愛称を募集するからなのかもしれません。最近オープンした福井県内の施設の愛称(別称)では、「セーレンプラネット」(福井市自然史博物館分館)、「ゆめおーれ勝山」(はたや記念館)などがありますが、福井県立施設だと、愛称(別称)があるのはエンゼルランド福井(福井県児童科学館)くらいです。有名な恐竜博物館にも、実は愛称がないのですびっくり



        話しが逸れましたが、下の写真と今朝の上の写真で、違うところが2か所あります。



        あっ、雪の有無は入りませんよ。積雪が多すぎてわからないかな…楽しい。ヒントは、「年縞研究展示施設(仮称)」の建設に係る工事がスタートした、ということです。

        「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡」シンポジウム

        0
          おはようございます。KSMILYです。



          今朝の若狭はしっかりとした(?)雨雨です。今月中旬に積もった雪もほぼ消えかけており、田んぼなどにまとまっている場所からは、雪に融かされて「もや」のような蒸気が立ち上っています。



          先日訪問した仙台市では、「全く」積雪がありませんでしたびっくり。土地カンのないKが、ボランティアの方に、「仙台はふだんは30〜40cmくらい積もるのですか?」と聞くと、「そうねぇ、去年は2僂らいですかね〜?」とのお返事が返ってきました。2月19日朝には、チラチラと雪が舞っていましたが、見る限り黒っぽい雪雲などなく、「天気雪」のようでした。東北とは言え、どこもかしこも雪が積もっているわけではないのですね楽しい



          Kの無知はともかく、仙台市地底の森ミュージアム・縄文の森広場でいただいたすてきなお土産を披露いたします。



          こんなにたくさん!びっくり。ほんとうにありがとうございます!



          これは、地底の森ミュージアムから。



          クリアファイルなのですが、裏面に花ごよみがついており、周囲に配された花の開花時期を記してあります。花にも無知なKは、「エゾノマルバシモツケ」とか「ナガボノシロワレモコウ」と書かれている花がどれなのかわかりませんが、「レンゲツツジ」や「ヒオウギアヤメ」はわかりました嬉しい



          こちらは縄文の森広場から。



          何ともほほえましいキャラクターたちのシールです。写真が小さいので、わかりにくいと思いますが、クルミや土偶、たき火や土器などがモチーフのシンプルなキャラクターたちです。



          こちらは代表格のハナちゃん。



          一筆箋という、すぐに使える事務用品は重宝します楽しい。この他にも、絵ハガキ多数、ミニタオル、ハッピ形のマスコットなど、手に取ってみたくなるグッズがたくさんでした。



          シンポジウムの続きはイ砲董


          「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡」シンポジウム

          0
            おはようございます。KSMILYです。



            今朝の若狭はしっかりとした(?)雨雨です。今月中旬に積もった雪もほぼ消えかけており、田んぼなどにまとまっている場所からは、雪に融かされて「もや」のような蒸気が立ち上っています。



            先日訪問した仙台市では、「全く」積雪がありませんでしたびっくり。土地カンのないKが、ボランティアの方に、「仙台はふだんは30〜40cmくらい積もるのですか?」と聞くと、「そうねぇ、去年は2僂らいですかね〜?」とのお返事が返ってきました。2月19日朝には、チラチラと雪が舞っていましたが、見る限り黒っぽい雪雲などなく、「天気雪」のようでした。東北とは言え、どこもかしこも雪が積もっているわけではないのですね楽しい



            Kの無知はともかく、仙台市地底の森ミュージアム・縄文の森広場でいただいたすてきなお土産を披露いたします。



            こんなにたくさん!びっくり。ほんとうにありがとうございます!



            これは、地底の森ミュージアムから。



            クリアファイルなのですが、裏面に花ごよみがついており、周囲に配された花の開花時期を記してあります。花にも無知なKは、「エゾノマルバシモツケ」とか「ナガボノシロワレモコウ」と書かれている花がどれなのかわかりませんが、「レンゲツツジ」や「ヒオウギアヤメ」はわかりました嬉しい



            こちらは縄文の森広場から。



            何ともほほえましいキャラクターたちのシールです。写真が小さいので、わかりにくいと思いますが、クルミや土偶、たき火や土器などがモチーフのシンプルなキャラクターたちです。



            こちらは代表格のハナちゃん。



            一筆箋という、すぐに使える事務用品は重宝します楽しい。この他にも、絵ハガキ多数、ミニタオル、ハッピ形のマスコットなど、手に取ってみたくなるグッズがたくさんでした。



            シンポジウムの続きはイ砲董


            「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡」シンポジウム

            0
              たびたびKSMILYです。



              2月18・19日と仙台市で行われたシンポジウム「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡」レポートの続きです。



              Kが会場に到着したのは、開会30分ほど前でしたが、10分前にはこのようにどんどん人が増えましたびっくり。会場は長町駅前と副都心エリアで、交通の便のよいところ。やはり東北第一の街ですね。



              はじめに、仙台市地底の森ミュージアム友の会及びボランティアの会(富沢遺跡の支持団体)、仙台市縄文の森広場ボランティアの会(山田上ノ台遺跡の支持団体)宛てに、感謝状の贈呈が行われました。



              それぞれの館ができて20年・10年経過しているわけです嬉しい。両ボランティアの会は掛け持ちの方もおられるそうですが、総勢140名だそうですびっくり



              1日目(18日)の講師は3名。鷹野光行氏(東北歴史文化館館長)、佐川正敏氏(東北学院大教授)、山田昌久氏(首都大学東京大学院教授)が、それぞれ富沢遺跡(及び山田上ノ台)との関わりを振り返りながら、博物館のあり方について語りました。



              その後、3名そろっての鼎談(ていだん)。



              テーマは、 崚舛┐觜夫と戦略」◆嵜佑箸隆悗錣蝓廰「これからのミッション」でした。



              お話しを聞きながら、Kの心に響いたのは、博物館活動では人が主体であることと、調査研究あってこその博物館(教育)という点でした。前者は当然のようでありながら、研究者が主体となりがちです。地域の人たちがどのように主体的に楽しんで・学んでもらうのか。各地の博物館が智恵を絞っている課題です。



              後者は、遺跡の上や近くにある博物館には共通の悩みで、保存のために積極的な発掘ができないと、調査研究が進みにくいということがあります。その点、山田上ノ台遺跡は、「あえて」史跡として指定されていない、とのことなので、縄文時代の発掘体験等に活用できる可能性があるとのことでした。じつは旧石器時代の遺跡がその下にもあるとのことなので、旧石器時代の森である富沢遺跡との共通テーマ研究ができる、という可能性も指摘されていました。



              110名満員の会場で、翌日の報告者であるKも勉強になったひと時でした嬉しい。続きはい砲董

              「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡」シンポジウム

              0
                こんにちは。KSMILYです。



                久々の更新となりましたが、先週末、Kは仙台に行っておりました飛行機



                仙台空港の到着ロビーです。右の柱にあるマークは、平成23年の東日本大震災の際、津波によって浸水したラインです。



                宮城県のゆるキャラ「むすび丸」が出迎えてくれました。



                伊達正宗とおむすびが合体している、個人的にお気に入りのデザインです楽しい



                仙台まで来たのは、このシンポジウムで報告するためです。



                「まもりつたえる富沢遺跡・山田上ノ台遺跡 これまで/これからの20年・10年」です。



                1日目(2月18日)の会場は、空港から電車で25分のところにある、太白区中央市民センター大会議室。



                まだ開会前なので、来場者が写っていませんが、立ち見の方が出るほどの満席でしたびっくり。シンポジウムの内容については、にて。

                体験講座新メニュー開発

                0
                  こんばんは。KSMILYです。



                  今日は、久々の好天晴れでした。積もった雪もかなりスムージー化しており、地面が出てきたところも増えました嬉しい



                  さて、ここ数日、新年度から行う予定の体験講座の新メニュー開発に取り組んできました。「取り組む」というと大げさですが、試作品などもつくりました。





                  やけにカラフルですが、番号や写真の違いを一目でわかるようにしています。



                  これらの使い方については、おいおいブログにアップしてきたいと思います楽しい

                  積雪60僂瞭貶固酳館

                  0
                    おはようございます。KSMILYです。

                    除雪作業も、はや4日目になりました。

                    館銘板の上にも、とろーりとしたクリームが…楽しい

                    幸い、昨夜からの積雪は10冂度でした。


                    ただ、ここを除雪した時に、雪質が大きく変わっていることに気付きました。スコップで雪を飛ばすと、「ジュワッ」と水が飛び散るほど、ジューシーになっているのですショック。フワフワのクリームから、超重たいスムージーに変わってしまったのです…ショック

                    そして、今日もあの人が。

                    スムージーな雪は、新雪のようには飛びません。マシーンの回転歯にも固まりやすいのです。

                    見上げると、何だかおいしそうに見えるものが。

                    明日はホワイトクリスマスならぬ、ホワイトバレンタインになりそうな、縄文博物館です楽しい

                    積雪60僂瞭貶固酳館

                    0
                      たびたびKSMILYです。



                      今日12日は、縄文ロマンパーク駐車場にも除雪車が入り、利用しやすくなりました。ご来館をお待ちしております。



                      ここまで積もるのは、実は5年ぶりぐらいです。上の写真の下の方に、Mさんちょうちんのマシーンで除雪された「断面」が見えていますが、Kの太ももぐらいの深さがあります。ブログ表題の60僂箸蓮△修凌爾気鮗┐靴討い泙后けっして、Kの足の長さを表わしたものではございません嬉しい



                      縄文博物館のまわりもひと通り除雪(手動+マシーン)しましたが、まだまだ降ったりやんだりの天気が続いています。



                      塔の部分のてっぺんにある雪が、生クリームのようです楽しい。とすると、縄文博物館のドームは上空から見ると、「雪□大福」のように見えるのかも知れません大福



                      Mさんのマシーンはここまで上がれます。



                      これだけ積もるのは、約5年ぶりで、ちょうど2012年冬季企画展「三方五湖のウナギ展」のころでした。職員の車ですら、すぐに駐車場には入れませんでした。その時も確か、Kの太ももくらいの深さまで新雪が覆っていたことを記憶しています冷や汗



                      そうそう、縄文博物館のドームは1月積雪の際も「そり遊び」の跡がありました楽しい。今回も絶好の「ゲレンデ」となっておりますが、雪遊びの際は、くれぐれもご注意くださいね。

                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728    
                      << February 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM