石川県真脇遺跡縄文館からのお客様(180416)

0
    たびたびKSMILYです。



    先日16日に、石川県能登町にある真脇遺跡縄文館の関係者の皆様がご来館くださいました。同館には、当館友の会の皆さんも度々訪れております嬉しい。今回は特に丸木舟の復元について、当館の事例を視察するという目的でのご来館でした。



    さっそく、2002年〜2003年に旧三方町(当館)と東京都立大学考古学研究室(当時)が取り組んだ、「縄文丸木舟の復元ー湖に浮かべようー」の事業内容について、リニューアルした丸木舟展示コーナーと合わせてご紹介しました。当時、Kは北寺遺跡の発掘調査中であり、ずっと丸木舟の復元作業につきっきりというわけではなかったのですが、要所要所で参加させていただき、おおよその状況については情報共有をしておりました嬉しい



    真脇遺跡縄文館の皆様は、国立科学博物館が実施予定の航海実験に合わせて、丸木舟を復元し、遺跡近くの海で実験するとのことでした。もちろん、当館が取り組んだのと同じように、石斧による復元です。メンバーの方々は興味津々で、「大変そうやなぁ!」「ほんとうにできるんやろうか?」とわいわい言いながら、当館の復元舟をながめたり、なでたり、さわったりしておられました(注:視察のため、特別な措置です楽しい)。



    当館の後には、富山県小矢部市の復元舟も視察してから帰るという、「遊びなし」(高田館長さん談)のコースでした。遠路はるばる本当にお疲れさまでした!

    ゴールデンウィーク勾玉づくり体験(180428〜30 0503〜05)

    0
      こんにちは。KSMILYです。



      今日は雨のち晴れで、空気がキレイになった若狭です楽しい。新聞報道では、今週初めから福井市で大規模な黄砂の飛来が観測されており、そういえば確かに晴れているのに曇りのようなおかしな天気でしたショック



      さて、毎年恒例の、ゴールデンウィークの体験情報です。石を削って、自分だけのアクセサリーをつくる体験「勾玉作り」を開催します。4月28日〜30日(土日祝)及び5月3日〜5日(祝祝土)の6日間、午前10時〜閉館まで(最終受付午後3時)です。体験料金は1個250円(石・革紐・サンドペーパー含む)で、別途入館料が必要です。ご予約は不要ですので、お気軽にお立ち寄りください楽しい

      福井県年縞博物館の現況(180413)

      0
        こんにちは。KSMILYです。



        先ほど、夕暮れの縄文博物館ドーム上に登ってきました。定点観測写真を撮りながら、建設中の年縞博物館と縄文ロマンパークを見渡してみると、何とも言えない自然と調和した美しさを感じました嬉しい



        年縞博物館は、建物の外観工事はほぼ落ち着いたようで、今は主に、建物北側に接した「丘」部分の点圧作業と斜路づくりが行われています。細長い建物の一端は、ちゃんとコンクリート製の脚によって支えられているのですが、周囲に土を盛ることで、「丘の上に建物の一端がのっている」形に見えるようになります。ショベルカー、ブルドーザー、ロードローラー等がフル稼働して土を動かしていました。



        一方、縄文ロマンパークは今週初めにはほぼ植栽作業や路面整地などが終了し、本日から舗装作業が始まりました楽しい。先ほど、「自然と調和した美しさ」と表現したのは、その舗装路の色が、自然な茶褐色でまるで土のように見えたからです。もともと縄文ロマンパークの舗装は「雷おこし」に似た粗い砂粒を固めたような路面でしたが、今回はもっと締まりのある素材で平滑に仕上げられていますびっくり



        夕方の時点で、メインゲートから当館周囲、年縞博物館付近までの舗装が完了し、今は体験館前まで作業が進んでいます。18時現在、まだ日が落ちていないのでまだ地ならし作業が続けられています嬉しい



        舗装作業は済んでいますが、1日は車両(自動車)での乗り入れができません(徒歩は可能です)。しばらくご不便をお掛けしますが、ご理解のくださいますようお願いいたします。車椅子等でご入館されるお客様は、大変お手数ですが当館までご連絡くださいますようお願いいたします嬉しい

        とある古墳の修景作業(180411)

        0
          こんにちは。KSMILYです。

          今日は快晴晴れの若狭です楽しい。黄砂も最近は飛んでないようで、さわやかです。

          昨日は、N課長眼鏡とMさんちょうちんと3人で、とある古墳の修景作業に行っておりました。「修復」と表現するほど大げさではありませんが、体を使って見た目をよくする作業ですので、あえて「修景」としております嬉しい

          古墳は土を盛り上げた塚状の構造物で、しかも千数百年経過している遺跡です。どうしても破損したり崩落する部分が出てくるのです。昨日向かった古墳は、これで4回目の修景作業になりますが、Kもかつて作業に参加したことがあります。

          土が崩落しそうになっている墳丘側面に、木製の板を角杭で止める形で修景しているのですが、数年経過すると板や杭が劣化してしまうので、定期的に更新する必要があるのです。ボロボロになった板を外し、グラグラになった杭を抜いて、新しいものと交換します嬉しい

          使う道具は、カケヤと呼ばれる木製のハンマーと人力のみですが、足場が悪いので、脚立を立てかけてその上からハンマーをふるいます。N課長、Mさんも老骨(?)に鞭打って、ハンマーをふるいます。後半、力尽きたN課長の分もKは心をこめてハンマーをふります工具

          ハンマーは杭に当たると、腕を中心に衝撃が走ります。杭を支える側も腕がしびれます。それを繰り返していると、腕が上がらなくなってきます。こうして3時間ほど経過したころ、3人の握力は限りなくゼロに近くなり、箸も持てないくらいに弱りましたショック

          ただ、すべての作業を終えるころ、それまで雨や風であれていた天気がにわかに明るくなり、陽の光が差し込んできましたびっくり。「これは古墳の主が喜んでいるんだ!」思わずN課長もつぶやいていました。

          こうして、とある古墳の修景作業は無事に終了しました。まだまだ3人の握力は回復しませんが…しょんぼり

          【4月21日】友の会ドキドキ会尾関清子氏講演会

          0
            こんにちは。KSMILYです。



            忙しくも無事にスタートした平成30年度の若狭三方縄文博物館+若狭町歴史文化課ですが、やはり2つの部署が合併するということには、これまでなかったいろいろな業務が生まれます。1+1=2にならず、1+1=3や4や5になるのです。これはいい意味でもありますが、とにかく時間を大切に毎日を過ごしています嬉しい



            さて、当館ホームページにも掲載しておりますが、今月4月21日に、若狭三方縄文博物館友の会ドキドキ会主催の講演会が開かれます。



            日時:4月21日(土)午後2時45分から4時

            会場:若狭三方縄文博物館 講座室(入館料が必要ですが、聴講は自由です)

            講師:尾関清子氏(東海大学女子短期大学名誉教授・文学博士)

            演題:「縄文の衣とその復元」



            講師の尾関先生は、御年88歳になられ、先月24日に立命館大学(京都市)から文学博士号を授与されました。これまでの縄文時代の布の研究成果が認められたのです。全国各地の資料調査(約830点)を行い、学生さんとともに縄文の布の復元に取り組まれました。先行研究のない分野での偉業を達成されましたびっくり



            当館友の会アンギン部会にご縁があり、今回の講演会が実現しました。当日午前10時30分から、同じく尾関先生のご指導によるワークショップが開催されます。こちらも参加自由ですので、興味のある方はぜひご参加ください楽しい

            福井県年縞博物館の現況(180404)

            0
              たびたびKSMILYです。



              先ほど、博物館のホームページを更新してまいりました嬉しい。若狭町歴史文化館は本日より通常開館いたしましたが、電話番号とファックス番号がなくなりましたので、以後のご連絡・お問い合わせは当館までお願いいたします。また、当館フェイスブックのアドレスも記載いたしました。



              水月湖年縞博物館の建設工事は着々と進んでいます。ここしばらく好天続きだったのに、なぜか定点写真を撮っていなかったKは、小雨の降りはじめたころにあわてて当館ドームに登ってきました冷や汗



              現在、当館側に向かうエントランス通路のコンクリート基礎をつくるための配筋などが進められていますが、足場資材の撤収も始まっており、いよいよ外壁工事も終わりに近づいているようです嬉しい



              記事にアップしておりませんでしたが、先日、年縞博物館の学芸員2名が当館にご挨拶にいらっしゃいました。お二人ともKのよく存じあげている方々ですが、おいおい当ブログでもご紹介いたします。



              縄文ロマンパークの工事は植樹作業がほぼ終了したようです。芝生も貼られ、ここ数日はスプリンクラーで撒水がされていましたが、これからしばらくは天然の雨で潤うことでしょう楽しい

              若狭三方縄文博物館フェイスブックの開設(180404)

              0
                こんにちは。KSMILYです。



                今日もうららかな春の日となった若狭です。本日夕方から春雨になるようですが、桜も満開を迎え、館職員一同ウキウキとしてきました楽しい



                さて、当館新メンバーのIさんが、若狭三方縄文博物館のフェイスブックを開設しました楽しい

                https://www.facebook.com/%E8%8B%A5%E7%8B%AD%E4%B8%89%E6%96%B9%E7%B8%84%E6%96%87%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8-jyomon-163115004404730/

                当館ブログ読者の皆さまもぜひお仲間になってくださいねグッド

                若狭町歴史文化館の臨時休館について(180401〜3)

                0
                  たびたびKSMILYです。



                  今日の午前中、若狭町歴史文化館にN課長と向かい、最後の片付けと荷物搬出をしてきました。通知が遅くなってしまいましたが、清掃などの都合上、歴史文化館は、本日4月1日から3日まで臨時休館致します。皆様には大変ご迷惑をお掛けします。



                  4月4日以降は、定休日の毎週火曜日以外は通常開館の予定です。

                  若狭三方縄文博物館の人員配置(その2)

                  0
                    こんにちは。KSMILYです。

                    今日は4月1日。新年度のスタートの日です嬉しい。当館は土日も営業していますので、今日から新体制ですが、まだまだ事務所内は荷物や、収納しきれていない旧年度の文書がたくさん置かれていて、とても整然とは言えない状態でございますしょんぼり。そうそう、今日はエイプリルフールですが、これから書くことはすべて真実ですので楽しい

                    さて人員配置その1の記事で触れたように、今日から若狭町歴史文化課(イコール縄文博物館)は8名になりました。メンバーは、課長・補佐2名・課員5名です。そのうち、旧体制のまま引き継がれたメンバーは5名(N課長メガネ、Uさんうで、Mさんちょうちん、Nさん女、KSMILY)です。

                    新メンバーは、新しい縄文環境室長のAさん、新しい文化財補佐のOさん、主査のIさんの3名です。Aさんは総務課から、Oさんは農林水産課から、Iさんは総合戦略課から、と実に多彩な心強いメンバーです。Oさんは3年前まで歴史文化課で文化財担当(学芸員)でしたので、古巣に戻ってきてくれました楽しい

                    一方、旧メンバーのうち、I補佐とA室長はご退職、歴史文化課のYさん、Yさん、Yさん(あれっ?イニシャルにすると全員同じだ!?楽しい)縄文博物館のOさんは、他課に異動されました。歴史文化課から当館に移られたのが、「N課長一人と大量の荷物・文書のみ」というビックリドッキリなびっくり事態となってしまったのですが、残された課員は、少しずつ現実を受け止めつつありますしょんぼり

                    ともあれ、上記8名のメンバーで新年度も頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします楽しい

                    若狭三方縄文博物館の人員配置(その1)

                    0
                      おはようございます。KSMILYです。

                      本来ならば本記事は27日火曜日にアップするべきでしたが、遅くなってしまいましたショック。同日付けで若狭町定期人事異動が発表されました。

                      当館は、若狭町歴史文化課の出先機関ですが、4月1日から、「若狭町歴史文化課」そのものと一体化します。ブログ読者の皆様には???しょんぼりかもしれませんが、少々解説を。

                      若狭町歴史文化課は、上中庁舎にあり、文化財保護と若狭町歴史文化館(展示室・講堂・会議室などの総体)を管理しています。職員は5名です。一方、若狭三方縄文博物館は当館に関わる業務と文化財保護、三方五湖の自然環境・景観関連業務を所管し、職員は6名です。

                      4月1日から、この部署が縄文博物館に一体化されます。つまり、職員は全員当館勤務となり、歴史文化館は別団体が管理することになります(この件はおいおい…)。

                      一昨日は休館日でしたので、詳しい職員配置をKが知ったのは昨日だったのですが、人数だけは27日に伝わっていました。「11名マイナス3名の8名」とのこと。むむ???びっくり

                      ということで、ひとまず開館準備にかかります。つづきはその2にて。

                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM