若狭町歴史文化館の常設展示更新(190708)

0
    本日午前中でブログ更新集中日を終了する予定でしたが、なかなかに作業が伸びております。伸びてほしいのは身長なのですが、なかなか思うとおりにならないKです。



    さて、先の記事に書きましたように、諸事情から若狭町歴史文化課が縄文博物館事務室に合併して2年目となりました。文化財は若狭町内各地に(と、いいますか全域に)分布しており、どこを中心にしても偏りが出てしまうのですが、特に熊川宿に関わる業務と史跡古墳に関わる業務、及び歴史文化館展示に関わる業務は、プラス移動時間込みになりました。「込み込みプラン」で仕事を計画していかねばなりません。



    6月30日で会期終了となった若狭町歴史文化館第32回企画展「ふりかえる若狭町の古墳調査」の撤収は、展示企画者であるN課長と二人で行いました。この二人で展示室に入るも久々であり、あれこれ話をしながら小一時間ほどかけて特別展示室を片付けました。後に「戦国の若狭 「光秀」がくる」(先の記事参照)が控えているのです。



    そして今回、常設展示も少し更新しました。「ふりかえる若狭町の古墳調査」の目玉展示品であった新資料、藤井岡古墳群出土の家形埴輪と甲冑形埴輪を常設展示ケース内に移動したのです。



    いずれも、若狭町三方地域の形象埴輪としては初出の資料で、大変珍しく貴重です。調査を担当した花園大学考古学研究室のご厚意で、欠損部分の修復と塗装をしていただきました。



    若狭町歴史文化館の常設展示室は、壁際に「コ」字形に展示ケースが据え付けられ、中に人が入って作業することができます。しかし既に資料があふれんばかりに(←これは事実です)に展示されているので、足の踏み場もない状態なのです。例えば、左の入口から入り、ケース内を伝って右の出口から出るには、忍者のような身軽さが要求されます。N課長は頼んでもいないのに、その妙技を2回ほど実演してくれました。



    家形埴輪はかなりの重量と80cm四方ほどの大きさがあり、難航しつつもケース内に無事に収まりました。企画展に展示する際は、何とN課長一人で移動したとのことですが、本人もどうやって動かしたのか覚えていない、とのことでした。



    当館にお越しの際は、ぜひ「込み込みプラン」で若狭町歴史文化館までお運びください!

    令和元年5月〜7月の出来事(その2)

    0
      Kが当ブログを書き始めてから4年ほどが経過しておりますが、歳をとった以外、あまり成長が見られないのが文体から読み取れるかもしれません。令和元年5月〜7月の出来事その2です。

      【令和元年度若狭町職員採用試験情報公表】
      若狭町は、毎年度職員採用試験を実施しておりますが、Kが2000年4月に旧三方町に採用されて以後、職種として学芸員の公募はありませんでした。

      本年度実施の職員採用試験は、令和2年4月採用の職員候補者が対象となります。詳しくは若狭町ホームページ(https://www.town.fukui-wakasa.lg.jp/town/topic/)に記事がありますが、申し込み用紙は直接若狭町役場に赴くか、郵送での取り寄せとなりますのでご注意ください。申し込み期間は、2019年7月18日から8月8日(郵送の場合消印有効)までです。

      【「若狭町文化財保存活用地域計画作成事業」提案書の公募】
      文化財保護法が改訂され、文化財保存活用地域計画を各自治体が定めることができるようになりました。「できるようになりました」と書きましたが、Kたち職員は「すべし」と読み替えて仕事をしています。

      職員だけでは地域計画を策定することできず、委員会を開催して有識者や地域の代表からいろいろな意見を取りまとめ、計画をつくっていく流れになります。その際、策定事務に関わる業務を業者に委託することが認められており、若狭町も公募をすることになりました。今後、審査を経て業務がスタートし、2ヶ年かけて若狭町版の地域計画ができる見込みです。

      ちなみに福井県では若狭町の他、小浜市、坂井市、大野市が地域計画を策定予定もしくは策定中で、福井県も文化財保存活用地域計画の上位に位置する文化財保存活用大綱を策定する予定とのことです。

      【講演や学会・原稿ほか】
      これはKに関連することですが、各種講演や学会へ参加、原稿執筆をしました。

      5月31日 美浜中学校講演 「縄文時代のはなしー鳥浜貝塚と縄文人にとっての火ー」 
      6月15日 梅の実会講演 「教科書に載った鳥浜貝塚と水月湖年縞の今とこれから」
      6月16日 日本動物考古学会研究発表 「鳥浜漁業協同組合『昭和30年度鰻販売帳』にみるウナギ取引の実態」
      原稿執筆 『明日への文化財』(印刷中)



       6月15日は夏季企画展「三方五湖のウナギとシジミの歴史展」のスタート日であり、講演や学会発表も重なっていたので程よくダイエットできました…。



      振り返ってみると「なんのことはない。あんまり仕事が進んでいないな」という印象ですが、歴史文化課が縄文博物館内に移転してから2年目になりますので、各種業務をさらに効率よく進めていければ、と考えています。

      令和元年5月〜7月の出来事(その1)

      0
        もう何度目かのKです。すこし雑談のような記録になりますが、ブログが更新できていなかった約2ヶ月間のできごとを振り返ってみます。あくまでkの主観や記憶によるものですが…。



        【縄文博物館リーフレット改訂】

        Kが制作担当でしたが、若狭三方縄文博物館のリーフレットを改訂いたしました。新版(日本語)の登場は(おそらく)8月以降になりますが、英語版・中国語(繁体字)版は、すでに配布をスタートしています。



        新版では、隣接してオープンした年縞博物館の情報や、地図、共通入館券のお知らせなどが追加されています。

        納品されたのは6月末でしたが、7月最初の週末に福井大学語学センターの留学生の方々が団体で来館されましたので、早速外国語版の出番となりました。



        【特別企画展の準備】

        年縞博物館・縄文博物館の共同の特別企画展「古代エジプト文明ー気候変動と水辺の民ー」の準備を進めておりました。今も継続中で、後ほど記事にまとめます。



        6月末に原稿の締切りだった図録も、無事に制作が進んでいるようです。こちらは年縞博物館のN学芸員が頑張って作業を進めています。



        展示スタートが8月1日(木)なので、おそらく来週後半からまたブログが更新できない状態になるので、予告しておきます(ズルい予告ですが…)。



        【縄文博物館の燻蒸休館】

        館ホームページでもお知らせしておりましたが、6月24日〜28日まで、館内燻蒸のため臨時休館しておりました。例年12月ころに実施しておりましたが、今年は燻蒸効果の高まるこの時期とさせていただきました。



        5日間の休館とはいえ、諸業務に追われる職員は、事務所機能をリブラ若狭に移転し、休館中も仕事をしておりました。火曜日休館とい生活サイクルができてしまい、kも火曜日はお休みをいただきましたが、それ以外は事務仕事や出張、先述の図録原稿などを書いておりました。続きはその2にて。


        若狭町歴史文化館第33回企画展 戦国若狭「光秀がくる」(190721から)

        0
          みたびKです。展示つながりですが、7月21日(日)より若狭町歴史文化館でスタートする企画展の情報です。



          【若狭町歴史文化館第33回企画展】 戦国若狭「光秀がくる」

          会 期 2019年7月21日(日)〜9月30日(月)

          会 場 若狭町歴史文化館 特別展示室

          内 容 戦国時代の若狭と明智光秀の関係について、古文書などで紹介します。



          【関連企画】 第2回若狭町歴史環境講座

          テーマ 「細川幽斎と明智光秀と熊川(仮)」

          講 師 稲葉 継陽 氏(熊本大学教授)

          日 時 2019年9月29日(日) 13時30分〜

          会 場 若狭町歴史文化館 講堂(入場無料)



          明智光秀は、どちらかというと「謀叛人」「主殺し」「三日天下」といったマイナスのイメージがあり、これまでのドラマや小説では織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった著名人の下の扱いだったのですが、時代の本流にのった秀吉や家康によって、光秀の足跡が消されたり、歪められている可能性があります。光秀にまつわる記録自体が少ないのにもそういった事情があるかもしれません。



          展示準備は、当課のO補佐によって着々と進められており、Kもお手伝いをしておりますが、信長や家康とともに若狭(熊川)を確実に訪れている記録や、光秀の書状も展示で紹介いたします。



          7月21日は、「三方五湖のウナギとシジミの歴史展」最終日、第1回若狭町歴史環境講座「古い年代を酸素で調べる新しい方法」(13時30分〜)も開催日なので、ぜひ(有権者の方は)参議院選挙の投票を終えてから(←ココが大事!)あわせてご来場くださるようお願いいたします。

          夏期企画展「三方五湖のウナギとシジミの歴史展」(190721まで)

          0
            たびたびKです。本日の若狭は曇りで、いかにも梅雨といった趣きです。太平洋側の各地では大雨が警戒されていますが、当地ではいまのところ傘は不要です。早く梅雨明けしないかなぁ・・・。



            さて、夏と言えば皆さんは何を想像されますか?若狭と言えば海!なのですが、Kとしては湖にもスポットを当ててあげたいと思うのです。特に、三方五湖は、日本農業遺産「三方五湖の汽水湖沼群漁業システム」が2019年2月に農林水産省から認定を受けており、今夏の企画展でぜひ取り上げたいと思った次第です。



            夏季企画展「三方五湖のウナギとシジミの歴史展」では、上記漁業システムのシンボル魚種であるウナギとシジミを取り上げました。観光客の多くは、食べ物としてのウナギとシジミを見ていますが、両者にまつわる歴史もなかなか興味深いものがあります。



            ここでは、各展示テーマを列記して、想像を深めていただきたいと思います。詳しくはぜひ展示場へご来場の上、ご見学ください。

            三方五湖とは?−写真でみる三方五湖の風景−

            三方五湖のウナギの歴史 櫃覆爾縄文時代には出ない!−

            三方五湖のウナギの歴史◆欟白の原始・古代・中世−

            三方五湖のウナギの歴史−爆発的に増える江戸時代以降−

            三方五湖のウナギの歴史ぁ歸彰拘の明治時代以降−

            三方五湖のウナギの歴史ァ欹埜紊離Ε淵黄金期・昭和時代−

            三方五湖のシジミの歴史 歡刺由塚の多くはシジミ殻−

            三方五湖のシジミの歴史◆盜掌融代以降の記録−

            三方五湖のシジミの歴史−「金産湖」と漁業のおきて−



            会場では液晶モニターで、最近の漁業の様子の動画(協力:福井県里山里海湖研究所)を見ることができます。そして、周辺各地でウナギやシジミを食材として提供しているところの情報も…。あわせてお楽しみいただければ幸いです。



            若狭町歴史環境講座「古い年代を酸素で調べる新しい方法」(190721予告)

            0
              こんにちは。Kです。



              じつに2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。読者の皆さま、お変わりありませんでしたか?Kは相変わらず充実の勤務状況でございますが、本日は集中ブログ更新日といたしますので、近々のお知らせや最近の出来事などをつづっていきます。



              さて、令和元年度最初の若狭町歴史環境講座のお知らせです。

              【第1回若狭町歴史環境講座】

              講演会 「古い年代を酸素で調べる新しい方法」

              日 時 2019年7月21日(日) 13時30分〜15時

              会 場 若狭三方縄文博物館 シアター(福井県三方上中郡若狭町鳥浜122ー12ー1)

              講 師 箱崎 真隆 氏(国立歴史民俗博物館 研究員)

              入場無料



              昨年11月、日本植生史学会大会が滋賀県立琵琶湖博物館で開催され、シンポジウムで講師の箱崎さんとKはご一緒させていただきました。エクスカージョンで若狭町の埋没スギ出土地点を回った際も、箱崎さんはカメラマンとして当地の写真撮影をして下さいました。



              箱崎さんのご専門は多岐に渡りますが、本講座に関わるテーマとしては、「年輪幅および酸素同位体比の長期標準年輪曲線の確立を目指す研究」があります。



              伐採された時期がわかっている木の年輪の幅の変動から、年輪年代測定の標準をつくり、それを用いて、列島各地から出土した木材の年代を決定する方法は従来から行われています。本講座での「酸素で調べる新しい方法」とは、この年輪幅の研究に加えて、年輪部材に含まれる酸素を取り出し、その同位体比を年輪ごとに調べて変動を知り、酸素同位体比の標準をつくっていくというものです。



              このためには、多くの試料とデータが必要で、箱崎さんらも多くのデータを集めておられますが、若狭町東黒田の埋没スギから採取したデータについてもお話いただく予定です。縄文時代後期(約4000年前)の埋没スギから何がわかるのか、楽しみです。



              また、箱崎さんは同じ方法で福井県坂井市の丸岡城の柱材の年代測定もされ、最近その結果が公表されましたが、ご講演ではその点もお話いただけると思います。



              水月湖年縞の年代にも通じる方法ですので、ご関心のある方はぜひご参加ください!




              三方五湖ツーデーマーチ(190518・19)とスーパーカーイベント

              0
                こんにちは。Kです。



                ここ数日、夏日が続き、福井県内では運動会の練習中の児童が熱中症で病院に搬送される事態となりました。しかし本日の若狭は曇り時々晴れで、過ごしやすい気候になっています。館内は涼しく、なぜか事務所の気温が高く、外が一番ちょうどよい、という不思議な気温分布です。



                土日のない職場ではありますが、本日は、N館長(課長)ならびにO副館長が、若狭三方五湖ツーデーマーチのスタッフとして、上中地域に出ております。特にN館長は、国指定伝統的建造物群保存地区熊川宿のポイントにおりますので、参加者からの急な質問があっても、周りのスタッフは安心だと思います。



                ツーデーマーチの期間中、ゼッケンを提示していただけますと、当館は入館無料となります。ウォーキングの前後でお立ち寄りいただけましたら幸いです。



                明日19日は、コースが三方地域となり、一部の参加者のウォーキングルート上に縄文博物館と年縞博物館がのってきます。そのためゼッケン提示で無料入館ができます。



                さらに、19日10時から15時まで、縄文ロマンパークに「スーパーカー」がやってきます!Kが子供のころ(35年ほど前)、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニといった高級外車でスピードの出せる車はひとまとめにして、「スーパーカー」と呼んでいました。



                Exciting Car 2019 in Wakasaが、イベントの正式名称のようですが、小学生が人数限定でスーパーカーの助手席に乗せてもらえたり、若狭さとうみパーク周辺の道路を封鎖して、スーパーカーが走る様子を見学できたりするそうです。



                このすばらしいイベント中、Kは道の駅三方五湖のポイントでスタッフとして、お茶やアメを配ったりしています。残念ながらスーパーカーには乗れませんが、ツーデーマーチ参加者のみなさんを励ましたいと思います。

                連休明けの縄文ロマンパークと石工体験(190510)

                0
                  おはようございます。Kです。

                  10連休が明けて、平日が始まった縄文ロマンパークですが、今週は、学校団体や研修団体の皆様が多く来場されています。公園内でお弁当を広げたり、三方青年の家や年縞博物館、当館を行き交う人々の流れが耐えない毎日です。

                  Kは、展示説明員さんと協力して館内展示説明をしたり、より詳しい説明が必要な来館者の対応をしたり、連休明けを待って着手した事務仕事に毎日忙殺されておりますが、本日は石工体験を担当します。

                  石工体験とは、福井県里山里海湖教育プログラムの一環で開発された小学生対象の体験プログラムで、特に福井県の小学4年生が学習する郷土の歴史「行方久兵衛と浦見川」の単元を取り上げたものです。

                  三方郡奉行だった小浜藩の行方久兵衛は、1662年に若狭地方で起きた寛文の地震後、水月湖の水を久々子湖に流す運河を開削するという一大治水事業を成功させます。2年の歳月と延べ22万人の人夫を動員した事業ですが、石工が実際に行った作業を体験してみよう!というのがこのプログラムの柱です。



                  金づちとたがねを使い、浦見川の近くで採取した石を叩いて割ってみる、という実にシンプルな体験ですが、当時使われた鍬やじょれん、箕(み)といった道具類をもってみる、地震によって浸水した区画を白地図に色塗りする、洪水の様子の写真をみるといった学習をさらに付け加えています。



                  今回来館してくれる小学校の皆さんは、水月湖をまわる遊覧船にも乗船してくれるとのことです。いい天気で本当によかったです。

                  若狭町歴史文化館企画展「ふりかえる若狭町の古墳調査」(190427〜)

                  0
                    本日、何度目かのKです。昨日は全国放送のTBSラジオで若狭の古墳のことをしゃべりましたが、じつはゴールデンウィーク初日(4月27日)から、若狭町歴史文化館で古墳の企画展がスタートしておりました(ラジオではしゃべる時間はありませんでした。残念!)。



                    さて、その企画展、N課長のウン十年の職場人生とも重なるメモリアルな内容となっております。若狭町の特に上中地域には、若狭の広域首長墳である前方後円墳が数多く残されており、大正5年(1916)から平成29年(2017)にわたって(100年以上!)各種調査が行われてきました。出土資料のごくごく一部ながら実物資料と、写真、各種書籍から調査の内容を回顧する展示です。



                    調査時期によって1〜3期の時期区分を行い、そのそれぞれの時期に行われた研究内容も紹介しています。古墳好きな方はもちろん、現地で古墳をごらんになった方にはさらに理解を深めていただける展示です。ぜひご覧ください!

                    TBSラジオ出演その4(190428)

                    0
                      よたびKです。ラジオレポートの最後です。

                      ラジオ放送というのは、特に生放送の場合、あまり準備したことが役に立ちません。その場の雰囲気ややりとり、放送時間との兼ね合いから、いろいろな方向に勝手に走り出してしまうものだと思っています。今回の「若狭湾の日」も思っていたようにはしゃべることはできず、「あっ」という間に終わってしまいましたが、Kとしては楽しい一時でした。爆笑問題のお二人も、しっかりKの目を見て興味深く話を聞いてくださったのが、うれしかったです。

                      全国ネットのラジオ放送で、若狭の食の歴史を紹介する機会など、もうないかもしれません。もし、爆笑問題のお二人が若狭を訪れるようなことがあり、「あ、そういえばあの時、冠をかぶった学芸員が古墳と食の話をしていたな」と思い出していただけたら本望です。それは、リスナーのみなさん(20〜40代の方が多いそうです)に対しても同じく思います。

                      そういえば、FBC福井放送の坂本優太アナウンサーらスタッフが、当日のラジオ放送をテレビカメラで撮影し、レポートした番組を放送されるとのことです。爆笑問題のお二人にもインタビューするとのことで、夕方のラジオ番組終了まで
                      待機されるとのことでした。その番組は福井放送で5月7日(火)に放送予定です。

                      ちなみに、Kの持参した冠帽と木簡のレプリカは、若狭町歴史文化館サポーターの会のみなさんに進呈して、各種イベントで使っていただく予定です。

                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM